ホーム > 電子記録債権 > 長崎新聞に受賞記事を掲載いただきました。

長崎新聞に受賞記事を掲載いただきました。

20140516 長崎新聞掲載記事

三菱東京UFJ銀の中小企業支援事業  ユニオンソフト(長崎)優秀賞  電子手形管理機能を評価

三菱東京UFJ銀行(東京)の中小企業支援事業「ビジネス・サポート・プログラム」で、
ビジネスソフトウェアを開発販売するユニオンソフト(長崎市、濱田利夫社長)が優秀賞を受賞した。
今回初めて実施された同プログラムは、全国の中小企業を対象に「資源・環境」「エネルギー」など成長分野の事業提案を募り、
約100社が応募。先月最終選考会があり、6分野で最優秀賞6社と優秀賞8社が選ばれた。九州の企業は同社のみ。
ユニオン社は昨年3月に開発した、インターネット上の電子手形取引サービスの管理ソフト「電子債権の達人」が評価され、「情報通信・インターネット」分野で選出。
今後、同行の中長期的な提携先として、取引企業紹介など同行グループのネットワークを生かした支援が受けられるという。
同社は今年から本格的な販売網構築に取り組み、当面の販売目標は年間千本(約2億4千万円)。
濱田社長は「受賞を機に同行グループ企業などとの連携も深め、販売拡大を目指していく」と話した。
 

この記事へのコメント