ホーム > 電子記録債権 > 2015.5.8  日本経済新聞 で電子債権について報じられました。

2015.5.8  日本経済新聞 で電子債権について報じられました。

日経_電債 001

(テキスト文章)

公共事業支払い

電子債権で決済

~金融庁が検討~

 金融庁は地方自治体や官公庁が発注した公共事業などの支払いを電子債権で決済する仕組みを検討する。

全国銀行協会が運営する電子債権取引システムの利用を広げるため、官公庁などの業務でも手形決済からの

移行を促す。

 5月にも作業部会を開き、電子記録債権の使い勝手の改善策などを検討する方針だ。 

 電子債権は手形に代わる決済手段で、インターネット上で債権をやり取りする。

現物の手形に比べて印紙税がかからないうえ、債権を受け取った企業も現金化しやすいといった利点がある。

この記事へのコメント